日記 diary

季節の変わり目 whatever the weathers

“Wherever you go, Whatever the weather, always bring your own sunshine”

Love this quote。weathers には[人生の浮き沈み、移り変わり]という意味もあると知って尚のこと心に響いているかな?

置かれた場所で咲く花になりきれず、ジタバタもがいてばかりいる人生。

彼方此方、其処此処。

30代を顕す漢字は「転」かもしれないってくらいに

生き方、働き方、心の在り方を変えながら進んできたけど。


2017年、春分の日を前にしてまた一つの選択をして針路を改めた。

この半年が与えてくれたこと、整理してくれたこと、充してくれたことは不可欠だったし、アドラー心理学でいうところの『嫌われる勇気』を智てくれたように思う。
どこでも咲けるよう、いつでも上を向くように、照らす光は自分が携えていればいいよね、って。

思えば、「カナダで暮らしたい。イギリスで働いてみたい。」と、キャリアプランニングゼロ!で、新卒で入社した会社を飛び出してから12年。

以来、若さは馬鹿さの極み!行き当たりばったりで渡り歩いてきて、職務経歴書に並ぶ業界の関連性の無さ、パッチワークのような疎ら加減ったらありゃしない。

人との縁、英語がツールになる環境には恵まれたからこそ、今日まで無事に食べてこられた奇蹟。

そんなあやふやさがいい加減コンプレックスで仕方なかったけど

今更悔いても歴史は変わらない。それが今生の課題だと受け入れてみました。

さて、次の課題は何かな。次に得られる学びは何かな。次に出会う自分はどんな強さを手にしてるかな。